NARUTO(ナルト)35巻

NARUTO(ナルト)35巻

ナルトの巻ノ三十五はサスケを取り逃がしてしまったナルト達の仕切り直しといった感じで始まります。

そして木ノ葉隠れの里に帰って来てからしばらくは、ほのぼのした感じでサクラが図書館でサイと遭遇したりカカシのお見舞いに行ったりして過ぎていきます。

そしてカカシのお見舞いに行ったナルトは螺旋丸を超えるオリジナル忍術を編み出すための修行をする事になりました。

そして場面は変わって暁の飛段と角都が雲隠れの二位ユギトと言うニ尾の人柱力を狙って現れました。

雲隠れの二位ユギトもニ尾の人柱力というだけあって完全に尾獣化して対抗するんですが結局は暁に捕らえられてしまいました。

そしてこの二位ユギトを捕らえた飛段と角都が次に選んだのがナルト達のいる火の国です。

どうやらこの飛段と角都はしらみつぶしに各地を回って人柱力が居そうな場所を探す方法をとっているみたいで、ついに火の国に来るかといったところです。

火の国に着いた飛段と角都が次に選んだ場所は火ノ寺という忍寺でそこの僧侶は仙族の才という能力を使うそうですが、そんなのお構いなしに火ノ寺の封印鉄壁を破って侵入してきます。

そこで飛段と角都の相手をしたのが元守護忍十二士の地陸という僧侶だったんですが、殺されてしまい火ノ寺も壊滅してしまいました。

この事を知ったツナデも暁の飛段と角都を討伐するために小隊を編成して探し出そうとします。

その一方でナルトの新しい忍術の修行も同時に進んでいくんですが、カカシがの考えた影分身を上手く使った効率の良い方法でやるようです。

その時にナルトのチャクラ性質について調べるんですが、どうやらナルトは”風”のチャクラ性質で”風”のチャクラは攻撃力がバツグンのチャクラ性質だそうです。

そこでいろいろとチャクラ性質の説明があるので分かることがあるんですが木遁というのは”水”と”土”の性質を同時に行っているとか氷遁は”風”と”水”を同時に行っていて血継限界は2つの性質が同時に出来るという事とかちょっとした仕組みみたいなのが分かります。

そしてナルトの新術修行も風のチャクラで葉っぱを切る修行の後で滝を切る修行に移行して行ったんですが、ちょうど滝を切る修行が成功したところで35巻は終りです。

35巻は他にもデイダラとトビが三尾の亀を捕獲したりもするんですが、けっこうサラッと流されている感じです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック31巻〜35巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)34巻

NARUTO(ナルト)34巻

ナルトの巻ノ三十四はサイの持っていた絵本の謎解きから始まるんですが、どうやらサイとサイが兄さんと呼んでいた人物の物語のようですが最後のページが何故か白紙になっている未完成の絵本でした。

結局この絵本は何なんだろうと思いつつも大蛇丸のアジトを突き止めたのでそこへ向かう事になりました。

その一方でサイはというと久しぶりに登場してきたサスケに会うんですが、写輪眼で威圧されて尻餅をついてしまいます。

でもこの時はただのシルエットでハッキリと姿が分からないので里を抜けて今はどうなったのかちょっと期待を持たせる感じです。

そして無事アジトに潜入したナルト達は部屋にいたサイを見つけてダンゾウからの極秘任務について問いただします。

そのままアジトの外に出ても捕まった状態のサイなんですが、そこへカブトが救出に来たと思ったら今度はサイが逆にカブトを捕まえたりと状況がコロコロと変わっていきます。

どうやら今までダンゾウの命令どおりに動いていたサイに感情が芽生えたかどうかは分からないけどナルトの考えに共感しているようでナルトよりに考えが変化したようです。

そうしてまたアジトに潜入し今度はサスケを捜索することになるんですが、二手に分かれて探しているナルトとサイの前にまた大蛇丸が現れます。

サイを行かせて大蛇丸を相手にするナルトにヤマトとサクラも合流するんですが、大蛇丸もサイを探すため消えてしまいます。

そしてサスケを見つけたサイはサスケを捕らえようとするんですがサスケが部屋を壊すほどの勢いで暴れたため逃がしてしまいます。

その音を聞いたサクラがサイに詰め寄るとそこにはサスケが待っていました。

その後でナルトとヤマトも加わってサスケを捕らえようとするんですが、サスケの千鳥流しや草薙の剣にやられるだけで全く歯が立ちません。

しかもナルトの中の九尾もサスケは見抜いた上に九尾の力を抑え込んだりと久々の登場で強くなった所を見せ付けます、それにしてもその時にちょっとナルトの中の九尾と会話するんですが九尾は写輪眼の事を知っていて”うちはマダラ”とも言っているしサスケも九尾の事をちょっと知っていたようでした。

このやりとりが何を意味するのかは、しばらくすれば分かるんじゃないかと思います。

そして、いくらナルトがいくら説得してもサスケは復讐に執着していて駄目なようで大蛇丸とカブトと共に消えていった所で35巻は終わってます。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック31巻〜35巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)33巻

NARUTO(ナルト)33巻

ナルトの巻ノ三十三は大蛇丸がサソリに変化しているヤマトとカブトの前に現れた所からなんですが、そのカブトはサソリにかけられた術を解かれ完全に大蛇丸に寝返っていて逆にヤマトに奇襲を掛けてきた事でサソリの変化が解け偽者とばれてしまいました。

しかも大蛇丸に潜影多蛇手で捕まった時に木遁忍術での変わり身を使ったことで正体まで大蛇丸にばれてしまいます。

説明によると大蛇丸の実験体の生き残りがヤマト隊長で初代火影の遺伝子を受け継いでいるようです、だから木遁忍術が使えるとのことです。

そしてヤマトが大蛇丸に言われてナルト達を呼び込んだんですが、大蛇丸に挑発されたナルトが暴走してしまいます。

ナルトが九尾のチャクラに包まれて3本の尾を出して大蛇丸と戦闘になってしまいました。

大蛇丸はと言うとのらりくらりとナルトの攻撃をかわしながら挑発していきます。

まだまだサスケ以下と大蛇丸に言われて完全に怒ったのか4本目の尾が生えてきてナルトの姿も完全に九尾っぽくなってしまいました。

4本目の尾が出たと言う事はジライヤも死にかけたと言っていた本数なのですが、大蛇丸はその九尾の攻撃でお腹から真っ二つになったと思いきやまた再生したり、三重羅生門を口寄せしてなんとか耐えて草薙の剣で攻撃するんですが九尾化したナルトは無傷です。

決着としては大蛇丸が本調子じゃなくて時間切れと言う感じで終わってしまいました。

サクラにも危害を加えたりして暴れまくったナルトなんですがヤマト隊長の火影式耳順術・廓庵入てん垂手で何とかナルトを元に戻す事に成功しました。

そこへダンゾウから極秘任務を受けたサイが大蛇丸に近づき封筒を見た後で大蛇丸とカブトと一緒に行動を共にしていきました。

ここから大蛇丸を追跡することになるんですが拾ったサイの絵本を休憩中に見た所で33巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック31巻〜35巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)32巻

NARUTO(ナルト)32巻

ナルトの巻ノ三十二はナルトが我愛羅の救出に成功して木ノ葉隠れの里に帰るところから始まります。

帰り際の我愛羅との握手が感動的なんですが、一方で木ノ葉隠れの里でもいろいろと動きがあるようです。

サソリが残した「10日後に天地橋に行け」という言葉を受けてナルト達は天地橋へスパイを拘束しに行くことになるんですが、カカシは万華鏡写輪眼の使いすぎで入院しているということで10日後には間に合わないみたいなので新しいメンバーを入れないといけなくなりました。

そこでメンバーを探すナルトなんですがシノ・キバ・ヒナタには断られシカマル・チョウジと話ししている最中に何者かに襲撃されてしまいます。

それは誰かというとサイで忍法・超獣偽画という墨で書いた絵を実体化させる忍術を使ってきました。

でもその場に居たシカマルの忍法・影縫いやチョウジのお陰で何とか切り替えしたんですが、寸前のところで逃してしまいます。

裏ではダンゾウという暗部の”根”の首領が出てきてツナデといざこざがあったりして大変になるんですが天地橋に行くメンバーはヤマト・ナルト・サクラ・サイの4人に決定しました。

このヤマトという隊長なんですが三代目火影の頃から暗部にいたようで暗部の付けている仮面をとってコードネームをヤマトとして天地橋に行くとのことです。

この32巻の時点では謎が多い忍者でなぜか四柱牢の術や四柱家の術といった木遁忍術を使ったりするんですが、後になってその謎や本当の名前とかは徐々に分かってきます。

そして仲は悪いながらも道中で温泉に入ったりシミュレーションをしていよいよ天地橋に着くとサソリに変化したヤマトがスパイと接触します。

そこでビックリなのがなんと暁のサソリが大蛇丸に送り込んだスパイが薬師カブトだったってことです。

何か複雑に入り組んでるなと思っていると大蛇丸が天地橋に来ている衝撃の展開で32巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック31巻〜35巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)31巻

NARUTO(ナルト)31巻

ナルトの巻ノ三十一はサクラ・チヨバアとサソリの戦いの終盤からです。

ついに傀儡にしたサソリ自身を使っての戦いだったんですがチヨバア様も最後の傀儡である白秘技・十機近松の集をだして応戦してきました。

最初からじゃなくても三代目風影の傀儡の時に白秘技・十機近松の集を使ってれば良いのにと思いつつもサソリもそれに対抗して赤秘技・百機の操演を出してきました。

ここからは傀儡人形同士の戦いになるんですが白秘技・十機近松の集は三宝吸潰などを使って追い詰めていき最後はサクラの投げた封印術がかかっている道具がサソリにヒットしたことで動きを封じてついに勝ったかに思われました。

でもさすがにしぶといと言うかサソリもなかなか死なないもので何とサソリは胸に付いていたパーツが本体のようでそれが大丈夫な限りは傀儡を変えてまた動く事が出来るようです。

そのお陰で赤秘技・百機の操演で使った傀儡に乗り換えて攻撃してくるんですが、何とかそれも乗り切ってサソリを倒す事が出来ました。

そしてサソリの最後の言葉が今後の話しに繋がるんですが「草隠れの里にある天地橋に十日後の真昼に行け・・・・・」だそうです。

そして場面は変わってガアラを追っているナルトとカカシになります。

どうやって空を飛んでるデイダラからガアラを取り返すのかと思っていたら、なんとカカシが万華鏡写輪眼を使ってデイダラの右肘を空間ごと消してしまったんですが、どうやらまだ上手く扱えないみたいです。

でもこれでデイダラはガアラ戦で左腕を失くしていたので両腕が使えなくなってしまいました。

ここからがナルト達の反撃が始まり見事に我愛羅を取り返すことに成功しました。

途中で怒りで九尾状態になったナルトですが、これもカカシがジライヤから預かっていた封印の札でなんとか抑えることが出来ました。

デイダラはというと暁のトラップを解除して戻ってきたガイ班に見つかってしまった上に腕も使えないので大ピンチです。

それでもどうやったか分からないけど口にクナイをくわえて何とかしようとするんですが、諦めたのか周囲を巻き込んで自爆しようとします。

しかしこの自爆もカカシの万華鏡写輪眼の瞳術で別の空間に飛ばされた事で無駄に終わってしまいました。

そしてガアラはと言うとナルトが助け出した時には死んでいたんですが、チヨバア様の転生忍術で生き返りました。

でもチヨバア様はその代わりに死んでしまいましたが・・・・・・

それから自爆で死んだと思われていたデイダラですが、実は分身が自爆しただけだったようでデイダラはなんとか地面に潜って逃れたようです。

そしてゼツがサソリを調べているか何かしている傍らで新しくトビという不気味な仮面をした忍者が登場した場面で31巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック31巻〜35巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。