NARUTO(ナルト)25巻

NARUTO(ナルト)25巻

ナルトの巻ノ二十五はナルトがサスケを説得して木の葉隠れの里に連れ戻そうとする所からです。

ここからサスケはかなりヒールっぽくなるのがちょっと衝撃の展開ですが、とにかくサスケは大蛇丸の所へ行こうとしているみたいです。

なんでサスケは力を求めるのか分かりやすいように、ここからは急にサスケの小さい頃の話に変わっていきます。

この回想シーンでは、うちは一族がイタチによって滅ぼされるまでが描かれているんですが、そのなかで「うちはシスイ」の事が出てきたり、うちはサスケの親父の怪しい所なんかは後で理由が分かってきます。

それにうちはシスイの遺書って言うのが怪しいです。

そして最後が一番の謎なんですがイタチはサスケも開眼すれば万華鏡写輪眼を扱うものは3人になるといっていますがサスケとイタチとあと一人は誰なのか?この時点では全く不明です。

まぁ後で分かるんですけどね!

そして回想シーンのあとはサスケとナルトとの決着戦になって行くんですが、千鳥と螺旋丸の相撃ちになったところで25巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック21巻〜25巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)24巻

NARUTO(ナルト)24巻

ナルトの巻ノ二十四はナルト・キバ・シカマルがそれぞれの相手に手間取っている所でナルトと君麻呂の戦いにリーが割って入ります。

ツナデの手術を受けていたはずのリーが急に現れて以外にびっくりな場面です。

そして棺桶の中から目覚めて先に向かったサスケをナルトに追いかけさせて君麻呂と戦うリーなんですが、同じ体術使いと言う事でスピード感ある戦いになるんですが薬と間違えて酒を飲んだリーが酔拳の使い手になって巻き返そうとしたところで君麻呂も血継限界の能力を使って反撃に出ます。

そうなってくると本調子じゃないリーはピンチになります。

そして同じようにキバとシカマルもピンチなんですが、そこに最高のタイミングで颯爽と助っ人として現れたのが我愛羅・カンクロウ・テマリの砂の忍です。

キバの所にはカンクロウが現れて左近と戦う事になるんですが、傀儡人形のカラスとクロアリを使った黒秘技機々一発っていうどっかで聞き覚えあるような技で左近を倒しました。

シカマルにはテマリが現れるんですがデカイ扇子で風を巻き起こす技で多由也を圧倒した後で口寄せ・斬り斬り舞という鎌を持っているイタチっぽいカマイタチみたいなのを呼び出して一瞬で倒します。

それからリーの所には我愛羅が現れて君麻呂と戦う事になるんですが、最初はガアラの砂瀑送葬・流砂瀑流・砂瀑大葬といった大技を繰り出すんですが君麻呂は病気で死にかけてるくせにしぶとく骨を膜の様に体で被う術で生きてます。

ここからは呪印状態2になった君麻呂が鉄線花の舞で脊柱を武器にして突撃していくんですが、ガアラは最硬絶対防御・守鶴の盾でその攻撃を受けようとします。

かぐや一族の最後の一人だという君麻呂は頑張るんですが、結果はガアラが君麻呂の突撃を受けきったところで砂の地中深く閉じ込めようとします。

君麻呂は最後の力で早蕨の舞を出して攻撃してくるんですがこれもガアラは砂を浮き上がらせて何とか避けきります。

勝ったと油断しているところで君麻呂の不意打ちが決まりそうだったんですが君麻呂はそこで力尽きてしまいました。

そして24巻のラストでナルトはついにサスケに追いつきます。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック21巻〜25巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)23巻

NARUTO(ナルト)23巻

ナルトの巻ノ二十三はナルトとシカマルとキバが左近と多由也に追いついた所か始まるんですが、お見事なチームワークで多由也達からサスケの入った棺桶を取り返します。

でもその時にキバと左近は崖から落ちてしまい離ればなれになってしまいます。

人数的に有利のナルトとシカマルなんですが、ここで君麻呂が現れてあっという間に棺桶を奪われます。

ちょっと君麻呂の登場が早すぎと思いつつもここからは全員バラバラになっての戦闘になります。

多由也と戦う事になったシカマルですが、持ち前の頭の良さで多由也が口寄せした化け物を影真似の術で捕まえたり、多由也を奥の手っぽい影首縛りの術で捕まえたりとなかなか善戦します。

キバと左近の戦いはキバが牙狼牙や牙通牙を出して戦うんですが通用しなくてその後に口寄せ・羅生門にぶち当たってグロッキー状態です。

そしてかなりのピンチ状態になったキバは左近のスキを突いて川に逃げ込んでしまいます。

それから君麻呂を追いかけていて戦闘になったナルトですが、半ギレ状態のナルトはかなりの数の影分身で君麻呂に飛び掛っていくんですが、君麻呂は柳の舞という技で華麗に切り抜けます。

そして骨を自由に操れる血継限界の持ち主だと言う事が分かります。

それぞれ一対一で戦っているんですが決着はまだまだつかない様です。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック21巻〜25巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)22巻

NARUTO(ナルト)22巻

ナルトの巻ノ二十二はチョウジが次郎坊に何とか勝った所からのスタートです。

赤のトンガラシ丸を飲んでポッチャリ体型がスマートになるくらいパワーアップしたんですが、そのお陰で倒れこんでしまいこの時点では生死不明です。

そのチョウジのお陰で音の忍者達に追いついたナルト達なんですが今度は鬼童丸が立ちはだかりネジが相手することになりました。

でもこの鬼童丸が強いしネジの白眼の弱点にも気付いているようで完璧にネジの劣勢です。

ネジの八卦六十四掌も効かないし近距離タイプのネジに対して離れて遠距離から攻撃してきます。

ネジも回天とか白眼を使って上手く避けるんですが最終的には肩に穴が開くくらいピンチです。

最後はネジが肉を斬らせて骨を絶つ感じで何とか相手を仕留めました。

そしてここからはサスケの到着を待つ大蛇丸に場面が変わるんですが、どうやら大蛇丸は3代目火影の術のせいで限界が近いみたいです。

そこでサスケが間に合わないのでしかたなく別の忍者に転生してしまいました。

そしてここからは病気で寝込んでいる君麻呂が起き上がってサスケの回収へ向かおうとします。

ナルト達は大蛇丸の部下から無事にサスケを取り戻せるのか、どうなるのか?と言ったところで22巻は終わってしまいます。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック21巻〜25巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)21巻

NARUTO(ナルト)21巻

ナルトの巻ノ二十一はサスケが里を抜けるのを決断して出て行くところからという衝撃的な始まりです。

そこにちょうどタイミングが良いのか、いつも待ち伏せしているのか分からないですがサクラとバッタリ遭遇してしまいます。

荷物を持っているサスケを見てなんとか説得しようとするサクラなんですが結局サスケは里から出て行ってしまいました。

そして次の日の朝になってこの事がツナデの耳に入ってシカマルに下忍を集めてサスケ奪還に向かわせます。

そのメンバーはシカマル・ナルト・チョウジ・ネジ・キバです。

そしてサスケはと言うと醒心丸という薬を飲んでから「四黒霧陣(しこくむじん)」「封刻法印」と言った結界忍術で桶に閉じ込められます。

そこから任務から帰る途中のシズネの隊に気付かれ偵察に行ったゲンマとライドウと戦闘になるんですがゲンマとライドウは任務明けだからかやられてしまいます。

でも音の4人衆もだいぶ力を使ったようでその後は休んでます、これがこの後の話で響いてくるんでしょうか?

そしてサスケを追いかけているシカマルたちは音の4人衆に追いついたんですが、見つかってしまい敵の忍術に閉じ込められてしまいますがシカマルの頭脳とチョウジの忍術で脱出して、敵の術から脱出した後はチョウジが一人残って次郎坊と戦う事になります。

チョウジ一人で大丈夫かと思いきや何か怪しい丸薬を持っているみたいで、それを飲むとかなりのパワーアップが出来るようでこれで何とか行けるかもといった感じです。

それでこの戦いは最終的にはどっちも切り札を使って戦うんですが、チョウジが赤のトンガラシ丸を飲んで超パワーアップした一撃を次郎坊に叩き込んでどうなるんだろうと思ったところで終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック21巻〜25巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。