NARUTO(ナルト)15巻

NARUTO(ナルト)15巻

ナルトの巻ノ十五はサスケVS我愛羅からの始まりです。

中忍試験からの続きで第2ラウンドって感じなんですが我愛羅はちょっと砂の守鶴が出てきてる状態で強くなっててピンチです。

そこにちょうど良い具合にナルトとサクラが追いついて大混戦になります。

そしてサクラが捕まり我愛羅の小さい頃の回想シーンの後でついにナルト対ガアラが始まります。

我愛羅をもうちょいの所まで追い込むナルトだけど、もうちょいのところで我愛羅が砂の守鶴の完全体になってしまいまたまた形勢逆転になってしまいました。

こうなったら今のところ最強の術の口寄せの術を使ってガマブン太を口寄せしてなんとか守鶴に対抗します。

なんとか守鶴をガアラに引き戻そうと頑張っている所で15巻は終りです。

ガアラとの戦いもガマブン太のお陰で何とかなりそうで戦いも終盤と言った感じです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)14巻

NARUTO(ナルト)14巻

ナルトの巻ノ十四は大蛇丸が口寄せ・穢土転生で初代と2代目の火影を口寄せしたところから始まります。

しかしいきなり反則技みたいなのを使ってくるところを見ると大蛇丸の気合の入りようというかそれだけ本気という事なんでしょうか?

実際に戦っているところを見てみると今までの忍者には無いような忍術がドンドン出てくるのでレベルの違いがわかります。

しかもここでは初代火影しか使えないと言う木遁忍術も見れます。

樹界降誕という術名なんですが木がメキメキと生えてきて3代目は捕まってしまいます。

ここでやっぱり一人はキツイと思ったのか口寄せの術で猿猴王・猿魔(えんこうおう・えんま)と言う猿のオバケみたいなのを出して反撃しようとしますが、やはりちょっと適わないみたいで4代目が使ったと言う術を使おうとします。

ここからはちょっと回想シーンが続いたりして昔の事がいろいろと分かってくるんですがその中に三忍の子供の頃もかかれているんですが一人だけ女の子が出てくるんですがどうやらこの女の子が三忍のもう一人っぽいです。

それからカカシの子供の頃もちょっと書かれていたりするんですがこの時はどうやら写輪眼ではないみたいです。

その回想シーンも終って死ぬ決意をした3代目火影がついに封印術・屍鬼封尽を使って大蛇丸達を封印しようとします。

初代と2代目の封印は成功したんですが残る大蛇丸はどうかと言うメチャクチャ気になる良い所で場面は切り替わってジライヤが里の救出に駆けつけた後でサスケがガアラ達に追いつきます。

カンクロウが時間稼ぎするところにシノが現れてサスケはまたガアラを追いかけます。

ここからはしばらくサスケ対ガアラとシノ対カンクロウの戦いが続いていくんですがシノがカンクロウに勝ったところで14巻は終りです。

三代目火影はどうなったとかサスケ対ガアラとか今後が気になります!続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)13巻

ナルトの巻ノ十三はシカマル対テマリ戦も終わっていよいよサスケ対ガアラなんですが、サスケがまだ現れなくて間に合うのかと言った感じになります。

でもそこは人気キャラなので登場シーンに数ページをかけて現れます。

やっとサスケ対ガアラの試合になるんですが最初は様子見と言った感じで始まってお互いに互角って感じです。

そうやってたらガアラが砂のなかに引き篭もって出てこなくなりサスケもここが勝負と見たのかカカシから伝授された必殺技の千鳥を出します。

何でも千鳥って言うのはカカシが編み出したオリジナルの技で雷を切ったという由来から雷切とも言うそうです。

その千鳥が絶対防御だったガアラの砂をブチ抜いて傷を負わせます。

これからどう決着がつくんだと期待していたところに会場全体に幻術がかけられ大蛇丸や砂の忍達の良からぬ計画が始まってしまいちょっと驚きの急展開になってしまいます。

何がどうなっているんだと思うっている内に3代目火影が大蛇丸に捕まって結界に捕まるし木の葉隠れの里には敵の忍者が侵入してくるしで大慌てになる中でガアラ達はいったん引いてしまいます。

それをサスケが追いかけて行くんですが後からナルト・サクラ・シカマルも追いかけていきます。

場面は切り替わって結界のなかで大蛇丸と3代目火影の対決も始まってしまうと言う急展開すぎるけど目が離せない終わり方で13巻は終りです。

気になるのは大蛇丸が口寄せ・穢土転生という術で何かを呼び出します・・・・これが何なのかが気になります。
続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)12巻

NARUTO(ナルト)12巻

ナルトの巻ノ十二はナルトと日向ネジの対決が始まる場面からです。

さすがのナルトもネジは強いと思ったのかいきなり影分身を出してきます。

いきなり全力で戦うナルトだけどネジの方もやっぱり強くて回天とか柔拳法八卦六十四掌を使われて徐々に追い込まれてピンチになります。

どうやってここから逆転するのか見物ですが、その前に日向家についての事なども語られたりして濃い内容になってます。

話も一段落した後にここからナルトが九尾の力を使って徐々に挽回していき辛くも勝利した感じになってます。

そして次はサスケ対ガアラの試合のはずなんですが・・・・・・残念ながら後回しってことになりました。

それでカンクロウ対油女シノの試合になるんですが、なぜか怪しい事にカンクロウは棄権してしまいます。

と言う事で試合はヤル気のなさそうなシカマル対テマリの試合になるんですが、さすがに試合と言う事で面倒ながらも試合をするわけですが頭の良いシカマルが上手くテマリを追い込んで影真似の術を成功させて反撃かと思ったところで手詰まりでギブアップと言う結果になってしまいまい勝者はテマリという事になってしまいました。

結局は負けたシカマルですがけっこう頭の良いことが分かったりといったザコキャラでは無いんだなと思わせる試合でした。

ここで12巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)11巻

NARUTO(ナルト)11巻

ナルトの巻ノ十一では10巻の最後に出てきた蛙に乗った忍者が三忍の内の一人の自来也だと分かります。

ついに三忍の内の二人は分かったわけですがまだ三人目は誰かこの時点ではわかりません、もうちょっと後になって分かります。

それからナルトはエビス先生ではなくてそのジライヤと修行する事になるんですがジライヤはどうやらナルトの事をすでに知っているようで、大蛇丸にかけられた五行封印を解いたり九尾のチャクラの使い方や口寄せの術を教えてあげたりします。

その時にジライヤは4代目火影の事を考えているんですが、ジライヤと4代目火影の関係についてはこの時点では分かってなくて後で分かってきます。

修行の方も無事にガマブン太を口寄せしたことで無事終了しました。

その間に砂の忍びに不穏な動きがあってなにやらよからぬ事を大蛇丸や音忍と計画しているようで、そのせいで砂隠れの里に忍びこんでいた月光ハヤテがやられてしまいました。

病弱キャラだと思ってたらこうもあっさりやられるとは残念です。

そんな事などいろんな事がありつつも本選が開始されてナルト対ネジの試合が開始になって11巻は終りです。

この時点で気になるのはサスケは本選に間に合うのかと大蛇丸たちはどう動くのかで、先の話が気になってくるような展開です。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。