NARUTO(ナルト)46巻

NARUTO(ナルト)46巻

ナルトの巻ノ四十六はカカシとチョウジ親子がペインの一人をやっと倒したところから始まります。

しかし天道が使う神羅天征は忍術だろうが手裏剣だろうが跳ね返せる術のようですがカカシも増援が来たという事で対策をいろいろ考えるんですが、やはりペインには敵わなかったようです。

その時に火影であるツナデはと言うと木ノ葉隠れの里の忍達を守るため蛞蝓のカツユを使ってなんとか一人でも救出しようとしているのでツナデは戦闘に参加しないみたいです。

カカシはチョウジをツナデの所へ行かせるために万華鏡写輪眼でチャクラを全部使いきって死んでしまい親父のはたけサクモに会って話をしたりとこれから木ノ葉隠れの里はどうなるんだと気になってしょうがないですね。

そしてエビス先生もこのピンチに出てくるんですが木の葉丸の使った螺旋丸でなんとかペインの一人を倒します。

木ノ葉隠れの里の忍達が一丸となってなんとか頑張っているんですがツナデの前に天道が現れた後で木ノ葉隠れの里の大半が吹き飛ぶ大きさの神羅天征を使って木ノ葉隠れの里をメチャメチャにしてしまいました。

そこでやっとナルトが登場してくるんですがこの登場がカッコ良いですね、いつの間にか四代目火影みたいな羽織を着てジライヤみたいに巻物を背中にぶらさげてます。

どれくらい強くなったのかちょっと期待してしまうんですが、この木ノ葉隠れの里の状況に怒ったツナデに襲い掛かったペインの一人を一撃で破壊してしまうくらいの強さです。

ここからナルト対ペインが始まるんですが最初から仙人モードのナルトはペインの口寄せ動物を仙法・大玉螺旋丸や蛙組手で次々と倒していきます。

そして風遁・螺旋手裏剣をペインに向かって投げるんですがなんとか一人に当てました。

口寄せの術を使うペインもガマブン太のお腹のなかに閉じ込めた状態で両手に螺旋丸を作る螺旋連丸で倒す事に成功するんですがここで仙人モードも切れてしまいます。

ここから残りのペインをどう倒すのかという所で46巻は終りです。

仙人モードが切れてどうするのかといった所が気になりますね、蝦蟇のフカサクとの融合は出来なかったしどうするんでしょうかね?

image-n.gif

襲撃を始めた六人のペインにより、木ノ葉が戦場と化す! ナルト不在の中、里の忍たちが全軍で迎え撃つが、敵の未知の能力により犠牲は増え続けていく。チャクラを使い果たしたカカシも、天道の前についに!?



NARUTO(46)
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック46巻〜50巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。