NARUTO(ナルト)44巻

NARUTO(ナルト)44巻

ナルトの巻ノ四十四はナルトがイタチと遭遇した時の回想シーンから始まるんですが、この時にナルトはイタチから何かの力を分けてもらっているようです。

これが何なのか良くは分からないですがナルトの言葉に微笑んでいるイタチが分けた力だし「使う日が来なければいい」とも言っているのでイタチの考える最悪の事態が起こった時にでも発動するんでしょうか?

それからサスケも暁の手伝いをする事になるしこの先の展開がどうなるんでしょう。

そしてサスケを心配しているナルトにジライヤが戦死したことが告げられ落ち込むナルトはまだ信じられないといった感じですが、ここからジライヤが仙蝦蟇のフカサクの背中に遺した暗号の解読が始まります。

他にもジライヤが結界の中で倒したペインの死体の分析や雨隠れで蛙の中に捕まえられていた忍からペインに関する分析が始まります。

暗号の方はシカマルとナルトと暗号解読班が見事に「本・物・葉・意・無・椅(ほんものはいない)」と解読するんですが結局これだけではペインの謎は分かりませんでした。

そしてナルトはジライヤの敵を討つために妙木山に仙術の修行をする事になるんですが、そこでジライヤが使っていた仙人モードについてもいろいろ分かってきます。

そしてマダラの指令で八尾を捕まえる事になったサスケ達は八尾の人柱力を見つけて戦闘になります。

しかしこの八尾の人柱力は強くて水月と重吾がやられその後に出てきたサスケもやられてしまいました。

ここで香燐の能力がまた一つ分かるんですが、どうやら自分のチャクラを人に分けることで傷なんかも治療する事が出来る能力があるようです。

そして八尾の人柱力がちょっと本気を出すのかと思ったところで44巻は終りです。

image-n.gif

兄の想いを知り、自ら進むべく道を決めたサスケ! 利害の一致から“暁”と手を組み尾獣攻略へと乗り出す。そんな中、木ノ葉にも自来也の訃報が仙蝦蟇から届けられる。師匠の死を受け入れられないナルトだが!?



NARUTO(44)
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック41巻〜45巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。