NARUTO(ナルト)42巻

NARUTO(ナルト)42巻

ナルトの巻ノ四十二はペインとジライヤの戦いが決着するとこからです。

そしてサスケはイタチと戦い、ナルト達は暁のトビと戦うことになります。

まずはジライヤなんですがどうやらペインの謎に気付き始めたようです。

さすがジライヤと言ったところなんですが、そしてこのまま一旦退くのかと思いきやどうやら覚悟を決めてペインの謎を解明しようとします。

そしてペインの正体が分かったんですがペインの前にどうやら力尽きたみたいです。

最後の力でペインの正体をフカサクの背中に記しているのでこれが今後どうなっていくのか気になるところです。

それにしてもジライヤは本当に死んじゃったんでしょうか?実際のところはまだハッキリとは分からないですね、ただ大昔の物語の「自来也説話」ではツナデは妻なのでどっかで生き返っていて最終的にツナデと結婚っていうパターンはないでしょうかね?

そして次にナルトなんですがサスケを探している途中でトビが現れて戦う事になるんですが、これはサスケとイタチの戦いを邪魔されないようにトビが出てきたって感じでしょう。

しかしトビ=うちはマダラな訳ですがこの能力は謎ですね・・・どんな攻撃もすり抜ける訳ですから、そういえば最初にトビが出てきた時に暁のしている指輪がすり抜けるシーンがあったけどあれはこう言う事だったのかと今になって気付いたりします。

そしてここからはサスケ対イタチの対決がついに始まるわけですが、最初は幻術の掛け合いでイタチの目的やサスケの聞きたかった事が分かります。

その中でサスケはマダラがまだ生きている事を初めて知るんですが、イタチからそのマダラについていろいろと知る事となり森の千手一族についてや万華鏡写輪眼についての事がいろいろ分かります。

その後でサスケはイタチの月読をにかかってしまうんですが、それを打ち破った事で少し優勢になります。

そしてここからはサスケとイタチの忍術合戦になっていくんですが火遁・豪火球の相打ちからイタチが天照を出したところで42巻は終りです。

image-n.gif

神と呼ばれるペインの正体は“輪廻眼”を持つ六人の戦士。その中の一人にかつての弟子・弥彦の面影を感じる自来也は、その答えに辿り着くが!? 一方、ついにイタチと対峙したサスケ。壮絶な兄弟対決が始まる!!



NARUTO(42)
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック41巻〜45巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。