NARUTO(ナルト)37巻

NARUTO(ナルト)37巻

ナルトの巻ノ三十七は猿飛アスマが飛段の術で殉職した所からです。

そしてなにやら考え事をしているシカマルですが、しばらく経ってついにチョウジとイノと組んで出発しようとするんですが門のところでツナデに引き止められます。

何としてもアスマの仇をとりたいようでカカシが同行する事で何とか許可が出た感じです。

それからイノが飛段と角都を見つけてついにアスマの敵討ちが始まってしまいます。

でもこの戦いは頭の良いシカマルが考えた戦い方なので楽勝かと思いきや最初の影真似手裏剣の術まではよかったんですが角都の能力のせいで簡単には行かないようです。

それでもカカシが角都に雷切を当てたりするんですが、心臓が5つもある角都は心臓が1つ無くなっただけで余裕って感じです。

それから角都と飛段を引き離して戦う事に成功してからもさらにピンチが続くんですが、ここでシカマルの秘策が見事に的中します。

カカシが雷切で角都を攻撃した時に角都の血を抜き取っていたようで、それを飛段の呪いの術に使わせる方法で同士討ちをさせる事に成功します。

それでもあと3つも心臓がある角都は攻撃を仕掛けてくるんですが、間一髪でナルト達が救出に駆けつけました。

その一方でシカマルはというと影真似の術で誘い込んだ場所で見事にバラバラにした飛段を穴に閉じ込めます。

ここからは新術を完成させたナルトが角都と一対一で戦うことになるんですが角都も見ただけでビビった風遁・螺旋手裏剣を作ったところで終りです。

image-n.gif

仇敵を討つ! 修業に励むナルトに届くアスマの訃報。悲しみに暮れる間もなく、第十班はカカシと共に再び木ノ葉へ潜入する“暁”と対峙する。シカマルの作戦で優位に戦いを進める中、角都の驚愕の能力が明らかに!!



NARUTO(37)
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック36巻〜40巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。