NARUTO(ナルト)36巻

NARUTO(ナルト)36巻

ナルトの巻ノ三十六は猿飛アスマとシカマル・イズモ・コテツの班が暁に壊滅させられた火ノ寺で情報集めしているところから始まるんですが、飛段と角都はどうやら地陸の死体を持ち運んでいるようで闇の換金所に現れると予想して探し始めます。

しかしなんでナルトの世界には死体の換金所なんてあるんでしょうか・・・・ちょっと考えてみたんですが、強い忍の能力を調べたり出来るからとかそんなところでしょうか?

そして新しい忍術を開発するために修行しているナルトはついに螺旋丸に風のチャクラを加える修行を開始するんですが、この修行というのは4代目火影も完成できなかったという事実がカカシの口から語られるんですが、それでもナルトは完成を目指して修行を開始します。

それから換金所で暁を待ち伏せしているアスマ達は飛段が換金所から出てきてのんびり角都を待っている時に奇襲を掛けます。

シカマルの影真似の術で動きを止めてからのイズモ・コテツの大クナイでの挟み撃ち攻撃で作戦成功と思われたんですが飛段は痛そうにはするものの意外と平気にしているくらいの不死身さに驚きます。

結局は角都も加わって奇襲は失敗に終わりました。

ここからはアスマが先頭になって戦っていくんですが、飛段の特殊な能力をくらってしまいピンチです。

どうやら飛段とアスマの体がリンクする術のようで、この能力を使うと飛段が傷ついた所はアスマも同じように傷ついてしまうのに飛段は不死身という事で飛段が有利になるという術です。

この飛段の能力の謎をシカマルが分析して見事に打ち破ってアスマが飛段の首を跳ね飛ばすんですが、それでも飛段は死なないようです。

ここからは角都も戦闘に加わってかなり不利になってしまいアスマは飛段の術に重傷を負ってしまいました。

これはヤバイと思っているところにチョウジ・イノのいる班が救援に駆けつけたところで飛段と角都も二尾と三尾の尾獣を封印するためにリーダーに呼び出されどこかに消えていきました。

それからアスマを手当てするんですが手当てのかいも無くシカマル達に言葉を遺して死んでしまいました。

その一方で尾獣を封印している暁に場面は切り替わるんですがそこで暁の目的をリーダーが説明しているところで36巻は終りです。

マンガではあまり活躍しなかったけど上忍のアスマが死んでしまうのはかなり意外でした。

image-n.gif

四代目火影を超えるために!! ナルトの修業も大詰めに入り、Sランクの新術会得へと進む。一方、“暁”を探すアスマ班はついにターゲットを捉える! 奇襲に成功したシカマル達だが、敵の恐るべき能力の前に!?



NARUTO(36)
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック36巻〜40巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。