NARUTO(ナルト)33巻

NARUTO(ナルト)33巻

ナルトの巻ノ三十三は大蛇丸がサソリに変化しているヤマトとカブトの前に現れた所からなんですが、そのカブトはサソリにかけられた術を解かれ完全に大蛇丸に寝返っていて逆にヤマトに奇襲を掛けてきた事でサソリの変化が解け偽者とばれてしまいました。

しかも大蛇丸に潜影多蛇手で捕まった時に木遁忍術での変わり身を使ったことで正体まで大蛇丸にばれてしまいます。

説明によると大蛇丸の実験体の生き残りがヤマト隊長で初代火影の遺伝子を受け継いでいるようです、だから木遁忍術が使えるとのことです。

そしてヤマトが大蛇丸に言われてナルト達を呼び込んだんですが、大蛇丸に挑発されたナルトが暴走してしまいます。

ナルトが九尾のチャクラに包まれて3本の尾を出して大蛇丸と戦闘になってしまいました。

大蛇丸はと言うとのらりくらりとナルトの攻撃をかわしながら挑発していきます。

まだまだサスケ以下と大蛇丸に言われて完全に怒ったのか4本目の尾が生えてきてナルトの姿も完全に九尾っぽくなってしまいました。

4本目の尾が出たと言う事はジライヤも死にかけたと言っていた本数なのですが、大蛇丸はその九尾の攻撃でお腹から真っ二つになったと思いきやまた再生したり、三重羅生門を口寄せしてなんとか耐えて草薙の剣で攻撃するんですが九尾化したナルトは無傷です。

決着としては大蛇丸が本調子じゃなくて時間切れと言う感じで終わってしまいました。

サクラにも危害を加えたりして暴れまくったナルトなんですがヤマト隊長の火影式耳順術・廓庵入てん垂手で何とかナルトを元に戻す事に成功しました。

そこへダンゾウから極秘任務を受けたサイが大蛇丸に近づき封筒を見た後で大蛇丸とカブトと一緒に行動を共にしていきました。

ここから大蛇丸を追跡することになるんですが拾ったサイの絵本を休憩中に見た所で33巻は終りです。
image-n.gif

九尾暴走!! “暁”のスパイだったカブトと接触したナルト達だが、その術は大蛇丸により解かれていた。作戦が失敗する中、大蛇丸はサスケの名を出し挑発する。怒りに任せて九尾の力を解放させるナルトは…!?



NARUTO(33)
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック31巻〜35巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。