NARUTO(ナルト)27巻

NARUTO(ナルト)27巻

ナルトの巻ノ二十七はサスケとの戦いで入院しているナルトにサクラがお見舞いにきたんですが、サスケを連れ戻せなかったのを聞いてショックを受けます。

でも自分で行動を起こす事を決意したサクラはツナデに弟子入りを志願してツナデの弟子になりました。

そしてナルトもジライヤとの修行の旅に出発するしサスケも大蛇丸の元に居るようです。

と言う事でそれぞれが三忍の下についたって事になりました。

そのうちナルト・サスケ・サクラで新しい三忍って言われる日が来ると良いんですが・・・・・・どうなんでしょう。

そしてナルトはジライヤと修行の旅に出発した所でナルトの第1部は終りです。

そして第1部の最後には次の敵になるであろう暁のメンバーがシルエットで登場して第2部がどうなるのかといった感じになっています。

でも27巻はこれで終りじゃなくて「カカシ外伝〜戦場のボーイズライフ〜」と言うカカシの若い頃の話も収録されてます。

これはカカシの左目には何で写輪眼があるのか?の謎が分かる内容になっているんですが4代目火影の上忍時代の姿も出てくるので面白い内容になってます。

ここでは4代目火影こと波風ミナトとカカシが上忍になって隊長としての任務の話で波風ミナトは前線で敵である岩隠れの忍者を陽動する任務でカカシ・オビト・リンの三人は橋を破壊すると言う任務です。

その任務に向かう途中で軽く戦闘があるんですが新技・千鳥で無理をしてカウンターをもらいそうなカカシを波風ミナトが救い出し「木ノ葉の黄色い閃光」の通り名どおりの瞬身の術で敵を圧倒します。

その夜にはカカシの親は、はたけサクモと言って「木ノ葉の白い牙」と言われた親が居たことなど今まで分からなかった事もいろいろ分かります。

そして次の日からは波風ミナトと別行動をする事になるんですが、いきなり岩隠れの忍者にリンが捕まってしまいました。

これが原因で元々仲が悪かったカカシとオビトはケンカして別行動をとってしまいます。

そしてリンを助けに行ったオビトなんですが敵に見つかってしまい危ないところへ任務を優先したかに思われたカカシが助けに入ります。

そこでオビトをかばったカカシが敵の攻撃で左目を潰されて大ピンチなんですが、ここでオビトの写輪眼が開眼して敵をやっつけます。

そしてさらにリンを幻術にかけて情報を聞き出そうとした忍者も倒して無事にリンを救出しました。

だけど敵もしぶとくてカカシ達のいる洞窟を壊して閉じ込めようとするんですが、その時に左目の見えないカカシをかばってオビトが岩の下敷きになってしまいます。

そして今にも死にそうなオビトはカカシに写輪眼を医療忍者のリンに頼んで移植させ無事に写輪眼はカカシに移植されました。

そして復活したカカシは千鳥で敵を退けてなんとか無事でした。

橋を破壊する任務も無事に完了するっていう話なんですが、ここで謎なのはリンはどうなったのかですかね?

オビトは死んじゃったんですがリンはナルトの本編でも出てこないしどうなっているのか不明です。

でも前にサスケとカカシのやりとりで「自分の大切な人はみんな死んだ」みたいな事を言っていたので、もしかするともう生きてはいないのかも?

image-n.gif

激闘の末、ナルトはサスケを連れ戻すことができなかった…。しかし、ナルト以下、木ノ葉の若き忍たちの新たな旅が幕を開ける…!! 若き日のカカシを描いた『カカシ外伝〜戦場のボーイズライフ〜』も同時収録!!



NARUTO(27)


posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック26巻〜30巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。