NARUTO(ナルト)26巻

NARUTO(ナルト)26巻

ナルトの巻ノ二十六はサスケ対ナルトの続きからです。

サスケの千鳥とナルトの螺旋丸の相撃ちでこれからが本番と言ったところ何ですが、ここからサスケは呪印の力を使ってナルトを攻撃していきます。

呪印のおかげで優勢になったサスケはナルトの肩口を貫通させるくらいの一撃を叩き込んでナルトに止めを刺そうとするんですが、そこでナルトが涙ながらに九尾のチャクラを全開にすると肩口の傷も治りサスケにまた飛びかかっていきます。

そしてなんとかサスケに戻って来てもらおうと説得するんですがサスケの決意は固いようでナルトや仲間との繋がりを断ち切ろうとします

その時にサスケの写輪眼に異変が起きて今まで2つしかなかった写輪眼の模様が3つに増えました、これって結局何なのかはちょっと分かりにくいですが、それからの戦闘はナルトの動きを先読みしてカウンター攻撃ができるなどしてるのでちょっと写輪眼の性能が良くなったってことなんでしょう。

そんなサスケを見てナルトは九尾の力を借りて牙が出てきたりチャクラの尻尾が生えたりしてパワーアップして応戦します。

それにしてもこの戦いは読んでて長いと感じるんですが、そのパワーアップしたナルトに対抗するためにサスケが呪印の力を全開でまた同じくらいの力になります。

そういえば前の巻で大蛇丸から天の呪印を与えられたとかってカブトが説明してたんですけど、「天」と言う事で翼みたいなのが生えてるんでしょうかね?

そしていよいよ決着と言う事でまた千鳥と螺旋丸の相撃ちになります。

そしてサスケは大蛇丸の所へと行ってしまいました。

ナルトはと言うと気を失ったままカカシに助けられました。

と言う事で結局は任務失敗になってしまいチョウジとネジはかなりの重体でツナデやシズネが必死に治療します。

しかしチョウジが寝ているベットの脇にノートパソコンみたいのがあったりするのにツナデはデカイ本見て調べ物してたりと不思議な感じですが、まぁそんな細かい事はどうでも良いとして最後は全員が無事に生還したと言うところで26巻は終りです。

image-n.gif

最も親しい友を殺せば、「力」が手に入る…。兄・イタチの言葉通りに「最も親しい友」、ナルトを本気で潰しにかかるサスケ! ナルトの螺旋丸とサスケの千鳥が激しくぶつかりあう!! 未曾有の死闘の勝者はどっちだ!?



NARUTO(26)


posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック26巻〜30巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。