NARUTO(ナルト)22巻

NARUTO(ナルト)22巻

ナルトの巻ノ二十二はチョウジが次郎坊に何とか勝った所からのスタートです。

赤のトンガラシ丸を飲んでポッチャリ体型がスマートになるくらいパワーアップしたんですが、そのお陰で倒れこんでしまいこの時点では生死不明です。

そのチョウジのお陰で音の忍者達に追いついたナルト達なんですが今度は鬼童丸が立ちはだかりネジが相手することになりました。

でもこの鬼童丸が強いしネジの白眼の弱点にも気付いているようで完璧にネジの劣勢です。

ネジの八卦六十四掌も効かないし近距離タイプのネジに対して離れて遠距離から攻撃してきます。

ネジも回天とか白眼を使って上手く避けるんですが最終的には肩に穴が開くくらいピンチです。

最後はネジが肉を斬らせて骨を絶つ感じで何とか相手を仕留めました。

そしてここからはサスケの到着を待つ大蛇丸に場面が変わるんですが、どうやら大蛇丸は3代目火影の術のせいで限界が近いみたいです。

そこでサスケが間に合わないのでしかたなく別の忍者に転生してしまいました。

そしてここからは病気で寝込んでいる君麻呂が起き上がってサスケの回収へ向かおうとします。

ナルト達は大蛇丸の部下から無事にサスケを取り戻せるのか、どうなるのか?と言ったところで22巻は終わってしまいます。

image-n.gif

自らの誇りを懸け、次郎坊を倒したチョウジだが、彼もまた倒れ伏す…。「一人一殺」の覚悟で音忍たちに立ちむかうシカマル、ナルト、ネジ、キバ! ネジは蜘蛛の如き糸を操る鬼童丸に白眼で挑む! 今、死闘が始まる。



NARUTO(22)


posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック21巻〜25巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。