NARUTO(ナルト)20巻

NARUTO(ナルト)20巻

ナルトの巻ノ二十はツナデが木の葉に帰ってきた所からです。

それから入院しているサスケとカカシとリーの治療をしてあげるんですが、サスケとカカシは問題なく治ったみたいなんですがリーはちょっとビックリの忍はやめろとの宣告です。

どうやら手術しないとダメらしいんですが成功率は50%らしくてリーはこれからどうなるんでしょうか心配です。

そのあとは場面がいろいろと切り替わっていてシカマルが中忍になったりナルトとサスケが喧嘩したりと慌しいです。

その中でカカシの自宅の場面がでてくるんですがカカシはここでもマスクしてるんですね、素顔が全くの謎です。

そして話は急展開して行くんですが、サスケの前に音忍の音の4人衆とい忍者が現れてサスケと軽く戦った後で大蛇丸の所に来いと勧誘してくるんですね、しかもこの4人って3代目火影と大蛇丸が戦ってた時に結界を張っていた奴らで名前が「東門の鬼童丸」と「南門の次郎坊」と「西門の左近」「北門の多由也」です。

サスケも呪印を使って対抗しようとするんですが音の4人衆は呪印を使いこなしているようでまったく歯が立ちませんでした。

そしてサスケはどう決断するのか良い所で話は変わってリーが手術を受けるか受けないかで悩んでいるところになります。

そこにガイが登場でリーを回想シーンを交えながら説得していきます。

image-n.gif

五代目火影として綱手が木ノ葉の里に帰って来た! 就任祝いをする間もなく、綱手はカカシやサスケたちの治療にあたる。果たしてリーの症状は!? そして病み上がりのサスケは、いきなりナルトに戦いを挑む…。



NARUTO(20)


posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック16巻〜20巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。