NARUTO(ナルト)16巻

NARUTO(ナルト)16巻

ナルトの巻ノ十六は砂の守鶴とガマブン太の戦いから始まります。

我愛羅の狸寝入りの術で完全になった守鶴をナルトが体を張って術を解いた事でなんとか守鶴を消し去れました。

勝負は引き分けかなって感じでしょうか?

そして場面は切り替わって3代目火影と大蛇丸の決着シーンになっていきます。

結局のところ3代目火影は大蛇丸の両腕を封印して残念ながら力尽きてしまいました。

一方でガアラ達も撤退して言ったんですが、この辺りからガアラもちょっと心を入れ替えだした感じです。

そして中忍試験から木の葉崩しの話も終わって次からはいろんな意味でビックリな急展開が始まりました。

いきなり変な二人組みが木の葉隠れの里に現れたからです。

その一方でジライヤに5代目火影の要請があるんですがこれを突っぱねて逆に三忍の最後に一人のツナデを推薦してツナデ探しに出かけようとします。

それから怪しい人物を追いかけていたアスマと紅は2人組を見つけて驚きます。

何とそれは、うちはイタチと干柿鬼鮫だったからで、うちはイタチは自分の一族をサスケ以外全員殺していて鬼鮫も水の国から抜け忍になったかなり強い忍者みたいです。

アスマと紅がうちはイタチと干柿鬼鮫と戦っている最中にカカシも救援に駆けつけるんですが、ここでイタチは写輪眼のさらに上の力がある万華鏡写輪眼の幻術・月読という術でカカシを追い込みます。

そしてこの後でカカシとジライヤとの回想シーンがあってイタチと鬼鮫は暁という組織にいると喋ってしまいます。

これはマズイと思ったのかカカシたちを始末しようとした時にガイが助けに来てその後なんとかイタチ達は引き上げていきました。

ナルトはというとその時はジライヤと一緒にツナデを探す旅に出ているんですが、これもイタチ達に発見されてしまいます。

そうして宿で休んでいるナルトの前にイタチが現れた所で16巻は終りです。

image-n.gif

愛する者たちを守るため、ナルト、渾身の一撃が我愛羅に炸裂!! そして大蛇丸と火影の凄絶な死闘にもピリオドが打たれようとしていた…!! 木ノ葉崩し、終結!! だが木ノ葉の里に二つの不吉な影が迫っていた!!



NARUTO(16)


posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック16巻〜20巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。