NARUTO(ナルト)11巻

NARUTO(ナルト)11巻

ナルトの巻ノ十一では10巻の最後に出てきた蛙に乗った忍者が三忍の内の一人の自来也だと分かります。

ついに三忍の内の二人は分かったわけですがまだ三人目は誰かこの時点ではわかりません、もうちょっと後になって分かります。

それからナルトはエビス先生ではなくてそのジライヤと修行する事になるんですがジライヤはどうやらナルトの事をすでに知っているようで、大蛇丸にかけられた五行封印を解いたり九尾のチャクラの使い方や口寄せの術を教えてあげたりします。

その時にジライヤは4代目火影の事を考えているんですが、ジライヤと4代目火影の関係についてはこの時点では分かってなくて後で分かってきます。

修行の方も無事にガマブン太を口寄せしたことで無事終了しました。

その間に砂の忍びに不穏な動きがあってなにやらよからぬ事を大蛇丸や音忍と計画しているようで、そのせいで砂隠れの里に忍びこんでいた月光ハヤテがやられてしまいました。

病弱キャラだと思ってたらこうもあっさりやられるとは残念です。

そんな事などいろんな事がありつつも本選が開始されてナルト対ネジの試合が開始になって11巻は終りです。

この時点で気になるのはサスケは本選に間に合うのかと大蛇丸たちはどう動くのかで、先の話が気になってくるような展開です。

image-n.gif

“第三の試験”の本選を前に謎のガマ仙人と修業を始めたナルト。だが、その頃、我愛羅に勝負を挑んだドスは一瞬の内に倒された…。そして、それを傍観するカブトと砂の上忍・バキ!! 恐るべき密約が今、明らかに!!



NARUTO(11)


posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。