NARUTO(ナルト)17巻

NARUTO(ナルト)17巻

ナルトの巻ノ十七は、うちはイタチと鬼鮫に見つかってしまったナルトとイタチがナルトを探していると知ってナルトを探しているサスケの小さい頃の回想シーンから始まりです。

その後でナルトを見つけたサスケですがイタチともその時に遭遇してしまいます。

サスケが現れても状況は変わらずピンチなんですが危ないところにジライヤが現れて何とかなるかと思われたんですがサスケはイタチに突っかかって行っても返り討ちにあい、さらに幻術・月読をくらってしまいます。

ジライヤはそんなサスケを助けようと忍法・蝦蟇口縛りを使ってイタチ達を閉じ込めます。

これはヤバイと思ったのかイタチは天照という術を使ってなんとかその場を立ち去る事ができました。

ここで気付いたのがイタチが使う月読と天照って神話のお話に出てくるあの話っぽいですね・・・・という事は三貴子と言われるスサノオもあるのかと思いきやこれがまたあるんですね!でも出てくるのはもっとずっと後です。

イタチと鬼鮫がいなくなってからは本格的にツナデ探しの旅が始めるかと思いきやそれと同時にナルトに必殺の術を教えながらの旅になったようです。

この必殺技というのは4代目火影が遺した術で会得が難しいらしく術を段階的に覚えていく修行方法で会得していくみたいです。

そんな中ツナデの居場所が分かった所で17巻は終了です。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック16巻〜20巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)16巻

ナルトの巻ノ十六は砂の守鶴とガマブン太の戦いから始まります。

我愛羅の狸寝入りの術で完全になった守鶴をナルトが体を張って術を解いた事でなんとか守鶴を消し去れました。

勝負は引き分けかなって感じでしょうか?

そして場面は切り替わって3代目火影と大蛇丸の決着シーンになっていきます。

結局のところ3代目火影は大蛇丸の両腕を封印して残念ながら力尽きてしまいました。

一方でガアラ達も撤退して言ったんですが、この辺りからガアラもちょっと心を入れ替えだした感じです。

そして中忍試験から木の葉崩しの話も終わって次からはいろんな意味でビックリな急展開が始まりました。

いきなり変な二人組みが木の葉隠れの里に現れたからです。

その一方でジライヤに5代目火影の要請があるんですがこれを突っぱねて逆に三忍の最後に一人のツナデを推薦してツナデ探しに出かけようとします。

それから怪しい人物を追いかけていたアスマと紅は2人組を見つけて驚きます。

何とそれは、うちはイタチと干柿鬼鮫だったからで、うちはイタチは自分の一族をサスケ以外全員殺していて鬼鮫も水の国から抜け忍になったかなり強い忍者みたいです。

アスマと紅がうちはイタチと干柿鬼鮫と戦っている最中にカカシも救援に駆けつけるんですが、ここでイタチは写輪眼のさらに上の力がある万華鏡写輪眼の幻術・月読という術でカカシを追い込みます。

そしてこの後でカカシとジライヤとの回想シーンがあってイタチと鬼鮫は暁という組織にいると喋ってしまいます。

これはマズイと思ったのかカカシたちを始末しようとした時にガイが助けに来てその後なんとかイタチ達は引き上げていきました。

ナルトはというとその時はジライヤと一緒にツナデを探す旅に出ているんですが、これもイタチ達に発見されてしまいます。

そうして宿で休んでいるナルトの前にイタチが現れた所で16巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック16巻〜20巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)15巻

NARUTO(ナルト)15巻

ナルトの巻ノ十五はサスケVS我愛羅からの始まりです。

中忍試験からの続きで第2ラウンドって感じなんですが我愛羅はちょっと砂の守鶴が出てきてる状態で強くなっててピンチです。

そこにちょうど良い具合にナルトとサクラが追いついて大混戦になります。

そしてサクラが捕まり我愛羅の小さい頃の回想シーンの後でついにナルト対ガアラが始まります。

我愛羅をもうちょいの所まで追い込むナルトだけど、もうちょいのところで我愛羅が砂の守鶴の完全体になってしまいまたまた形勢逆転になってしまいました。

こうなったら今のところ最強の術の口寄せの術を使ってガマブン太を口寄せしてなんとか守鶴に対抗します。

なんとか守鶴をガアラに引き戻そうと頑張っている所で15巻は終りです。

ガアラとの戦いもガマブン太のお陰で何とかなりそうで戦いも終盤と言った感じです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)14巻

NARUTO(ナルト)14巻

ナルトの巻ノ十四は大蛇丸が口寄せ・穢土転生で初代と2代目の火影を口寄せしたところから始まります。

しかしいきなり反則技みたいなのを使ってくるところを見ると大蛇丸の気合の入りようというかそれだけ本気という事なんでしょうか?

実際に戦っているところを見てみると今までの忍者には無いような忍術がドンドン出てくるのでレベルの違いがわかります。

しかもここでは初代火影しか使えないと言う木遁忍術も見れます。

樹界降誕という術名なんですが木がメキメキと生えてきて3代目は捕まってしまいます。

ここでやっぱり一人はキツイと思ったのか口寄せの術で猿猴王・猿魔(えんこうおう・えんま)と言う猿のオバケみたいなのを出して反撃しようとしますが、やはりちょっと適わないみたいで4代目が使ったと言う術を使おうとします。

ここからはちょっと回想シーンが続いたりして昔の事がいろいろと分かってくるんですがその中に三忍の子供の頃もかかれているんですが一人だけ女の子が出てくるんですがどうやらこの女の子が三忍のもう一人っぽいです。

それからカカシの子供の頃もちょっと書かれていたりするんですがこの時はどうやら写輪眼ではないみたいです。

その回想シーンも終って死ぬ決意をした3代目火影がついに封印術・屍鬼封尽を使って大蛇丸達を封印しようとします。

初代と2代目の封印は成功したんですが残る大蛇丸はどうかと言うメチャクチャ気になる良い所で場面は切り替わってジライヤが里の救出に駆けつけた後でサスケがガアラ達に追いつきます。

カンクロウが時間稼ぎするところにシノが現れてサスケはまたガアラを追いかけます。

ここからはしばらくサスケ対ガアラとシノ対カンクロウの戦いが続いていくんですがシノがカンクロウに勝ったところで14巻は終りです。

三代目火影はどうなったとかサスケ対ガアラとか今後が気になります!続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)13巻

ナルトの巻ノ十三はシカマル対テマリ戦も終わっていよいよサスケ対ガアラなんですが、サスケがまだ現れなくて間に合うのかと言った感じになります。

でもそこは人気キャラなので登場シーンに数ページをかけて現れます。

やっとサスケ対ガアラの試合になるんですが最初は様子見と言った感じで始まってお互いに互角って感じです。

そうやってたらガアラが砂のなかに引き篭もって出てこなくなりサスケもここが勝負と見たのかカカシから伝授された必殺技の千鳥を出します。

何でも千鳥って言うのはカカシが編み出したオリジナルの技で雷を切ったという由来から雷切とも言うそうです。

その千鳥が絶対防御だったガアラの砂をブチ抜いて傷を負わせます。

これからどう決着がつくんだと期待していたところに会場全体に幻術がかけられ大蛇丸や砂の忍達の良からぬ計画が始まってしまいちょっと驚きの急展開になってしまいます。

何がどうなっているんだと思うっている内に3代目火影が大蛇丸に捕まって結界に捕まるし木の葉隠れの里には敵の忍者が侵入してくるしで大慌てになる中でガアラ達はいったん引いてしまいます。

それをサスケが追いかけて行くんですが後からナルト・サクラ・シカマルも追いかけていきます。

場面は切り替わって結界のなかで大蛇丸と3代目火影の対決も始まってしまうと言う急展開すぎるけど目が離せない終わり方で13巻は終りです。

気になるのは大蛇丸が口寄せ・穢土転生という術で何かを呼び出します・・・・これが何なのかが気になります。
続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)12巻

NARUTO(ナルト)12巻

ナルトの巻ノ十二はナルトと日向ネジの対決が始まる場面からです。

さすがのナルトもネジは強いと思ったのかいきなり影分身を出してきます。

いきなり全力で戦うナルトだけどネジの方もやっぱり強くて回天とか柔拳法八卦六十四掌を使われて徐々に追い込まれてピンチになります。

どうやってここから逆転するのか見物ですが、その前に日向家についての事なども語られたりして濃い内容になってます。

話も一段落した後にここからナルトが九尾の力を使って徐々に挽回していき辛くも勝利した感じになってます。

そして次はサスケ対ガアラの試合のはずなんですが・・・・・・残念ながら後回しってことになりました。

それでカンクロウ対油女シノの試合になるんですが、なぜか怪しい事にカンクロウは棄権してしまいます。

と言う事で試合はヤル気のなさそうなシカマル対テマリの試合になるんですが、さすがに試合と言う事で面倒ながらも試合をするわけですが頭の良いシカマルが上手くテマリを追い込んで影真似の術を成功させて反撃かと思ったところで手詰まりでギブアップと言う結果になってしまいまい勝者はテマリという事になってしまいました。

結局は負けたシカマルですがけっこう頭の良いことが分かったりといったザコキャラでは無いんだなと思わせる試合でした。

ここで12巻は終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)11巻

NARUTO(ナルト)11巻

ナルトの巻ノ十一では10巻の最後に出てきた蛙に乗った忍者が三忍の内の一人の自来也だと分かります。

ついに三忍の内の二人は分かったわけですがまだ三人目は誰かこの時点ではわかりません、もうちょっと後になって分かります。

それからナルトはエビス先生ではなくてそのジライヤと修行する事になるんですがジライヤはどうやらナルトの事をすでに知っているようで、大蛇丸にかけられた五行封印を解いたり九尾のチャクラの使い方や口寄せの術を教えてあげたりします。

その時にジライヤは4代目火影の事を考えているんですが、ジライヤと4代目火影の関係についてはこの時点では分かってなくて後で分かってきます。

修行の方も無事にガマブン太を口寄せしたことで無事終了しました。

その間に砂の忍びに不穏な動きがあってなにやらよからぬ事を大蛇丸や音忍と計画しているようで、そのせいで砂隠れの里に忍びこんでいた月光ハヤテがやられてしまいました。

病弱キャラだと思ってたらこうもあっさりやられるとは残念です。

そんな事などいろんな事がありつつも本選が開始されてナルト対ネジの試合が開始になって11巻は終りです。

この時点で気になるのはサスケは本選に間に合うのかと大蛇丸たちはどう動くのかで、先の話が気になってくるような展開です。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック11巻〜15巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)10巻

ナルトの巻ノ十ではガアラの試合です、相手はロック・リーなんですがどっちが勝つのか気になる試合です。

砂を操るガアラにリーの攻撃は防御されてしまうんですがリーも徐々に得意の体術でガアラに食らい付きます。

でもやっぱりガアラは強くて追い込まれてしまいますが、ここで禁止技と言われている八門遁甲の体内門を開けて戦います。

何それと言った感じですがどうやらスゴイ必殺技みたいです。

さすがに命がけの技なのでガアラをボコボコにするんですが止めは上手く砂で防御されて結果負けてしまいました。

そしてやっと最後の試合はチョウジ対ドス・キヌタになりますが、あっけなくチョウジは負けちゃいました。

その後はカブトとカカシのいざこざがあったりしますが第三の試験の1ヶ月間の準備期間中に話の内容は変わっていきます。

第三試験までの間のナルトは話の成り行きでエビス先生との修行をすることになります、そこでチャクラコントロールの修行をするまでで10巻は終りです。

でもその最後にこれからのナルトには欠かせない人物が出てきます・・・・・・それが誰かは11巻で分かることになります。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック6巻〜10巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)9巻

ナルトの巻ノ九は第三の試験に行くための予選でサクラVSイノの試合途中からです。

しかしサクラは忍術って使わないですね・・・・・イノは心転身の術を使ったりするんですけどね。

この試合は引き分けって事で終わって次の試合がテンテン対テマリでまた女同士の戦いになります。

この試合はほとんど戦っている場面もなくテマリが圧倒的っぽい感じで勝ちました。

そしてシカマルと音忍のキン・ツチの試合です。

ここはシカマルが頭の良いところを見せつけて勝ちました。

それで長かったですがやっと主人公のナルトの試合になりました、相手はキバです。

キバは落ちこぼれだったナルトに楽勝だと思っているんですが、やられながらも何とかナルトが勝利って感じです。

そして次の試合がネジ対ヒナタの白眼対決で因縁の対決って事らしいです。

ここでやっと白眼についてカカシが説明してるんですが、どうやら写輪眼に勝るとも劣らない血継限界の一つとのことです。

ナルトにはこういう眼をした忍者が他にもけっこういるのかと思いきやそんなことも無くしばらくはこの白眼と写輪眼しかでてこないです。

結果はネジの勝ちでした。

テンポよく試合も進んでいくので見てて飽きないですが次の試合がガアラVSリーのビッグマッチですが9巻は対峙したところで終りです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック6巻〜10巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)8巻

ナルトの巻ノ八は第二試験をクリアしたとこからです。

してついに第三の試験に行くのかと思いきや・・・・・・・

その前に予選をして人数を絞るとの事らしいです。

病弱っぽい月光ハヤテが説明してました。

そして何だかんだとあってから予選に突入するんですが、いきなりサスケが登場です。

相手は赤銅ヨロイって言うカブトのいたチームの奴ですが、ここでは何とか勝って予選突破しました。

そして次がシノとザク・アブミの戦いです。

どうやらこの予選は今まで出てきたキャラクターを戦わせる予選っぽいなと言った感じがします。

その途中でサスケの呪印をカカシが封印しているところに大蛇丸が現れます、そこでちょっとカカシとやりとりがあるんですが、その時にカカシの写輪眼は昔は無かったと爆弾発言です。

この時はカカシに写輪眼があるのかは分からないけど後々分かるようになってます。

その場面も終わって次はカンクロウとツルギ・ミスミの試合があってサクラとイノの試合があります。

試合の途中で8巻は終わるんですが、スピーディーな展開で進むのでなかなか見応えがあります。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック6巻〜10巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)7巻

NARUTO(ナルト)7巻

ナルトの巻ノ七は音忍からナルト・サクラ・サスケの3人を助けるために出てきたシカマルたちの戦いから始まります。

だけど苦戦してるところをリーを探しに来たテンテンとネジも加わって大混乱かと思いきや目が覚めたサスケが呪印の力を使って音忍を圧倒的な強さで蹴散らします。

そうやっている内に砂の忍びのガアラ達が1番にゴールするんですがついでにガアラの圧倒的な強いところも見れるので必見です。

それでナルト達はと言うとまだ第二試験の最中って所でカブトと合流して一緒に行動するようになります。

そこでまた敵との戦闘になるんですがそれも乗り切ってゴールします。

そして7巻の最後ではカブトの正体が判明するという波乱の展開になります。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック6巻〜10巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)6巻

ナルトの巻ノ六は中忍選抜試験の第二の試験が始まった直後からの話です。

ここではおっちょこちょいのナルトがすぐ捕まったり、それをサスケが見破っていざこざがあったりするんですが、謎の強い忍者に狙われてからはかなりサスケとサクラがびびって劣勢になります。

そこで妨害にあっていたナルトが登場して劣勢を巻き返すとこが見所です。

でも結局はやられてしまい、サスケは呪印をつけられボロボロでピンチです。

そして休息をとっているところに音忍が襲ってきます。

最初はリーが助けにきて、その後にイノ・シカマル・チョウジが助けに来てくれるんですが果たしてこのピンチを乗り切れるのかってところまでです。

前半はサスケの頑張りがカッコ良くて後半はサクラの頑張りで感動する6巻になっています。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック6巻〜10巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)5巻

NARUTO(ナルト)5巻

ナルトの巻ノ五中忍試験が本格的に始まる前からの続きからです。

ここでちょっとリーとの小競り合いがあるんですがこの時に上忍のガイが初登場します。

しかしこの時のガイは亀の上から登場するんですが、この亀は結局この時しか出ないですね・・・・・この亀はこのままどうなったのか何なのか分からないです。

それからこの5巻からシカマル・チョウジ・いのが始めて出てきます。

それにしてもこのときのシカマルはちょっとヒールっぽい感じですね、眉毛も無い感じだし・・・・・

そしてシノ・キバ・ヒナタもここで出てきます。

これでやっとナルトのメンバーが揃った感じで中忍選抜第一の試験も始まります。


最初の試験が終わったところで、第二試験官みたらしアンコが乱入してきてから開始のところまでで5巻は終りになってます。

最後の方に謎の草忍3人衆っていうのが出てくるんですが急に出てきて不気味な感じだけどこれは後々正体が分かってきます。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック1巻〜5巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)4巻

NARUTO(ナルト)4巻

ナルトの巻ノ四のざっとしたあらすじは再不斬たちとの戦いが終わって中忍選抜試験の始まりまでといった感じです。

しかし3巻では死んだと思っていたサスケも助かったし再不斬も最後は良い人っぽくなったりイナリもヤル気になったりとちょっと感動の内容です。

これでナルトたちの7班の任務も終わっていよいよ中忍試験に話は突入していきます。

この4巻から新しいキャラクターがどんどん出てくるので面白くなってくるきます、まずは砂の忍のガアラ・カンクロウ・テマリがでてくるし白眼を使うネジとかリー・テンテンもこの巻から登場してきてNARUTOもちょっとずつ盛り上がってきます。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック1巻〜5巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)3巻

NARUTO(ナルト)3巻

ナルトの巻ノ三はナルト達のちょっとした木登り修行から始まります。

カカシ先生は写輪眼の使いすぎでグロッキーでしばらくは安静って感じです。


そんなこんなしてると復活した再不斬と白に襲われてしみます。

この3巻の見所なのがカカシと再不斬の再戦とサスケと白の戦いですかね。

両方の忍術合戦が見物です。

そしてここでサスケが初めて写輪眼を開眼します。

そして終りは次の4巻がどうなるか気になるような終り方なので見逃せません。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック1巻〜5巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)2巻

ナルトの巻ノ二はナルトたちのサバイバル演習も無事に終わっていよいよ本格的な任務が始まっていく話からです。

2巻からやっとカカシも敵の出現で本領発揮と言った感じでおもしろくなっていきます。

うちはサスケも活躍します。

しかしなるとはこの頃はまだビビリというか初の本格的な任務でビビってる感じでしょうか?

それから2巻では再不斬っていう元霧隠れの里の上忍だったという本格的な強敵も出てくるし、写輪眼についても出てきたりと面白くなって盛り上がっていく感じです。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック1巻〜5巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NARUTO(ナルト)1巻

NARUTO(ナルト)1巻

ナルトの巻ノ一なんですが、1巻と言う事もあって絵の方は今とはちょっと違った印象ですね。

話の内容はと言うと、ナルトが登場してある禁術を習得して第7班が結成されてサバイバル演習の途中までといった内容です。

それにしても1巻ではカカシがちょっとヒールっぽいですね、忍者辞めろとか言ったり朝飯は抜いて来いと言ったりと・・・・・厳しめです。

それにしてもナルトはおいろけの術で女の子にはちゃんと変化できたりするから才能は無くは無いって感じなんでしょうかね?

とにかくこの後の展開が気になるような内容です。続きを読む
posted by NARUTO COMICS | ナルトのコミック1巻〜5巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。